酒屋日記 

小川酒店@滋賀浜大津、京阪電車沿いの酒屋のつぶやき

金継ぎと器

金継ぎを習ってはるかたおいでになりました。

練習をしたいので、かけてる器をご所望。

そしたら、こんな素晴らしい器に仕上げてもってきてくれはりました。

金継ぎは金色だけやと思ってたんやけど、こんな素敵な色の金継ぎもあるのやな。

感動しました!この鉢は青と白の金継ぎ。

 

下のは写真が下手ですが、薄紅色なのです。

 

実は、ばやし君に大昔に頂いた今宵堂のお父様の器。

これは大切な宝物やったんやけど、割れてしまいまして、あきらめていたんやけど、その方にお見せすると時間はかかりますが、できます!との嬉しいお言葉。

出来上がりがとても楽しみです。

 

この年になると物欲はあんまり無く、大好きなものを直して丁寧に長く使うことはものすご気持ちがええことやと思います。

 

これは忙しい時に隣のるみるみさんが美味しい料理を乗せてケータリングしてくれはった時の器です。

洋食器もまたまた素敵。

 

そしてそして、ここに美味しいかやくご飯が入っていました。

お櫃もほれぼれします。日本の文化です。

 

良い器があると、日常のくらしが豊かになります。

曼殊沙華と今度の日曜日のイベント

山椒の木が植わっていたバケツ植木鉢からにょきにょきと何かが芽吹きはじめまして、そしたらなんと曼殊沙華!

小川酒店の前では初のお目見えです。

綺麗や!

どこからとんできてこうなったんやろ?でも何はともあれ、お彼岸さんにヒガンバナ=曼殊沙華が咲いて嬉しい嬉しい。

 

お天気も持ちそうな今度の日曜のゆるゆるライブ

ワンラインさんに、お酒を送らせていただきましたら、こんなふうに お酒にあう楽曲をイメージしてくれはりました。音楽とお酒もつながるつながる。

 

楽しみです。

今度の日曜日も、お酒に合う音楽をきっと即興で演奏してくれはるかと思います。乞うご期待!!

おかず

親戚のおばちゃんちいちゃん直伝の甘辛チキンバーはいつの間にかど定番。

 

キャベツの芯やセロリの葉を冷凍して置いて溜まったらコトコト炊いてシチューに。

 

マグロのたたきの鮨

 

餃子の皮でピザ。今日はズッキーニ。

 

玉葱の丸焼き。それだけで甘いのです。

 

焼き茄子、これもいたってシンプル。

 

茄子の揚げびたし。

 

これは冒険でしたが、なんと千切りなどの乾物野菜をヨーグルトで戻して、そしてそしてオイスタースで味付けするのですが、これ美味しい!!!

 

日曜日からの三日間。いつもは4人やけど倍以上のお客さんのお昼ごはんでした。

大変やけど、楽しかった。海老豆コロッケもしたし、今日はライスコロッケ。

崩れんとちゃんと揚がるかドキドキしたけど、よかったよかった。

大家族や飲食店さんはいつもこんな感じなのやな。

けど美味しかったと言うてもろたり、綺麗に完食してくれてはると嬉しい嬉しい。

食べることは大事大事。

今日も明日も続くおかず作り。手間はかけず、よい素材をつかって楽しもうと思います。

久しぶりに開けたら、むっちゃ吹いた酸基甘酒酛!でもむっちゃ美味しかったです。

ヨーグルトで戻したお料理に合います!

音楽と、滋賀のお酒・おつまみの夕べ

朝市で毎年演奏をしてくれはるONE LINEさん。

そのメンバーの一人、佐々木さんからお声かけ頂き、草津川跡地公園での、ゆるゆる楽しいイベントに参加させて頂く事になりました。

 

音楽と、滋賀のお酒・おつまみの夕べ

素敵な音楽を聴きながら、滋賀の地酒とおつまみを楽しんでいただきます。

丁度秋の風を感じながら、4時から7時まで、草津川跡地公園で。

お酒はいっぱい百円です。

 

おりしも、一博さんの朝市でしたが、そのメンバーのひとり南川さんが、何と一博さんとお知りあい。なので、お任せですが、一博だけは入れて欲しいとのこと。

なので今回の朝市で選ばれた一博のお酒も、持っていきます。

 

これは一博さんのお蔵に伺った途中に出会ったお花たち。ええ天気の日でした。

ONE LINEさんは、昨年もこのイベントに参加しはりまして、その時はコーヒーを出されていたそうなのです。これはその時の写真です。そして、来年は是非小川酒店のお酒でと、お声かけ下さりました。

 

公園の賑わいとうるおいの創出にむけての市民活動の愛称「くさねっこ」。

川の跡地にまかれた市民活動の種が芽吹き、草が根を張るようにつながりが広がって欲しいという想いが込められているそうです。

 

私たちも、ゆっくりゆるゆる楽しみながら参加させていただく予定です。

皆様も どうぞどうぞ、お越しくださりませ。

 

時間が造る美味しさ

お馴染みのお客さまSさんは、いつもお酒の感想や時を経たことによる味わいの変化もお話してくれはる有難いお客様。

特に神開がお好きで、新商品が出るとまちがいなく買いに来てくれはります。

神開のさんまは開けたてより、時間が経った方が、深みが出てきてものすごく美味しくなったそうです。

さて私も、浪の音の辛口純米ひやおろしのサンプルを飲んで、三日たつと、お米の旨味が出てきて、これは開けたてよりもずっと美味しいと感じました。

もう一本、唯々のなまはげラベルをだいぶ前に呑んでいて、もう空っぽと思ってたら、残っていまして、その底の少量のお酒を飲んでみたら、これまたびっくりする美味しさ。

更にもう一本。どんななってるやろ?と開けてみた山田吟次郎の責めのほぼ2年寝かせ。これがまた 旨い!のです。

後二本あるので、一本は辻さんの所にお嫁に行きました。

 

時を経るほどに美味しくなるということは、その蔵のお酒の力を物語っているのやと思うと嬉しくなりました。

 

これは最近知ったゆで卵のからあげ。

横は胡瓜とセロリの塩麹和え。

中々に美味しかったです。

 

小川酒店でのプチ朝市

小川酒店での一博プチ朝市、楽しく開催させていただきました。

辻一さんの事をはげと言わはったり、いろいろ毒舌な一博さんですが、85歳の母に丁寧に挨拶してくれはりましてちょっと感動。

また今回二時までやったので、下手な手料理 海老豆コロッケと炊きたてご飯を食べてもろたんですが、「ものすご美味しかったです。ご馳走さんでした。」と、涙出るくらいの嬉しいお言葉。ええひとや。

 

今回どのお酒も美味しかったけど、ブレンド酒にもなりました生酛純米のように、素直にフレッシュで美味しいだけではない、奥行深みを感じるお酒を一博さんの人となりにも重ね合わせた朝市でした。一博さん ええなあ~~~~

 

お酒はどれも本当に美味しく、ブレンド酒と一緒にお嫁に行きました。

 

シンプルに美味しい一博純米清酒と 生酛純米は 試飲した方の好みで大きく分かれました。またさらにあんのんになりますと古酒ブレンドなのでさらに 通好みのお酒になりました。秀一は麹の〆方などを工夫された切れの良い辛口で、これは 出してほんまによかったです。一博の唯一切れのよい辛口酒です。

実はしばらくこのお酒置いてへんだのですが、これから置かせて頂こうと思いました。

これも朝市のお陰です。

 

台風の中色々ありましたが、結果おーらい。

有難い日曜日になりました。スタッフの皆様もお客様 感謝!!!

 

明日の朝市は中止ですが小川酒店でプチ朝市開催します。

明日の朝市は中止ですが小川酒店でプチ朝市開催します。

一博さん2年続けてコロナで朝市が中止になりました。

今度も嫌な予感が‥‥と配達に来た時に一博さん。

絶対あります!祈ります!と言ってガッツポーズを組んで見送った尻から、福本さんから電話。

朝市が中止になったそうなんです。

話合った結果、以前も一回したことがありますが、小川酒店で開催することにしました。

勿論一博さんも来てくれはります。

こだま作業所のクッキーもふうねさんの蒟蒻もご用意しています。

皆様どうぞどうぞ、台風にお気をつけながら小川酒店に来てくださりませ。

朝8時から2時までです。

よろしくおねがいします。