酒屋日記 

小川酒店@滋賀浜大津、京阪電車沿いの酒屋のつぶやき

多賀のお酒選び

f:id:ogawa-sakeshop:20210505105222j:plain

さて利き酒です。

左から秋の詩 火入れ 明利酵母と1801。これたるちゃんお気にりやったんやけど、朝市には毎回登場しているので残念ながら断念。

UNOは東さんの意図で生まれた初めてのお酒、酸味のしっかりしたやや辛口。ええけど本数が少ないので小川酒店で売らせていただくことに。

大吟醸は毎年金賞をとってはる 申し分のない安定の美味しさ。試飲なしで300ml、一合売りをさせていただきます。

大老辛口は実は琵琶の神龍の加水もん。右の原酒に比べると、まろやかで呑みやすい‥‥コスパも抜群なので決定!

純米吟醸は1801やけど 香りは穏やかで上品でミルキーなイメージ。決定!

多賀原酒 ようでけたおさけ。飲みごたえのある、うちの定番商品です。その横にあるのがその加水もん。これも バランスがすばらしい。この2本だけが融米造りなのやけど、思われへん出来栄え。

そして琵琶の神龍原酒、おっとはこっちのほうが良かったそうですが、4合のみなので加水のほうに。

ここはほぼすべての商品が火入れで商品化されますが、今回 大きな仕込みはプレートヒーターで、小さな仕込みもむっちゃ小さな蛇管火入れ、しかも瞬殺とかかれてあり、ききますると、速火入れそして冷却っちゅうことらしいです。これにより ぶれない安定した味わいになるのやな。

 

皆美味しかったです!とても良い時間を過ごすことができました。

のんちゃん 東さん 長時間ありがとうございます。

 

お宝拝見

中川家の歴史文化は素晴らしい

f:id:ogawa-sakeshop:20210504091758j:plain

端午の節句にちなんだ、のんちゃんのおうちのお飾り、圧巻!

f:id:ogawa-sakeshop:20210504092955j:plain

この鯉のぼりはなんと和紙なのです。

 

f:id:ogawa-sakeshop:20210504093009j:plain

この背面には のんちゃんが表彰されてはりました。本業以外にも、野草ツアーとかまちのこととか 色々関わって多賀町を誇りに思って活動してはるのです。

 

f:id:ogawa-sakeshop:20210504093021j:plain

お庭には見事なカキツバタ

f:id:ogawa-sakeshop:20210504093247j:plain

頂いた新製品 苺が乗った糸切り餅のお皿は高橋松山さんのお皿。湯呑もすんばらしいし、茶托もええなと思てたら、宝味醂の景品なんやて。ほ~~~っ

f:id:ogawa-sakeshop:20210504093300j:plain

ご縁でもらわはった 酒袋を使った布あぷりけ。

90歳になる、のんちゃんのお母さん。

今も袋モノをこしらえたり、パッチワークをしたりと元気元気。

そんな歴史ある多賀の文化も含めて今の多賀酒造があるのやな。

 

多賀さんへ

続いてむかったのが、のんちゃん&のんちゃんの姪っ子のご主人である、東さんのやはる多賀さんへ。

丁寧に丁寧に蔵見学していただき、大手蔵の設備!すごい! コンピューターによる、精度の高い発酵管理ができること また感性を基にしたファジーシステム=ゆるやかな制御にもびっくりびっくり。なにもかも規模が違います!

f:id:ogawa-sakeshop:20210504085144j:plain

でもさらにびっくりしたのが、液化仕込みであっても、こんなおいしいお酒ができるのやということ。

以前にとある蔵元さんが言うてはった。大手のお蔵のお酒は脅威かも。ブラインドで飲んだら、決して負けへんし、なんといってもコスパが超抜群やと。

ほんまに それを実感しました。

でもこんな大きな規模の仕込みやけど、東さんが心を込めて酒造りをしてはるといういこと、そして大規模タンクの横には特定名称酒の小さな仕込みも兼ねているサーマルタンクが並び、それが増えています。

 

 

コンピューター制御もしてはる事務所にこんな張り紙がはっているのも癒されます。

f:id:ogawa-sakeshop:20210504085505j:plain

続く→

 

 

お酒選び

さてさて、お酒選びです。

f:id:ogawa-sakeshop:20210504045927j:plain

左から、中村社長が 好みというてはった本醸造生原酒。今年は+11(昨年は±0!)切れっ切れ!

 

そして、フミナリーズ世界ワインコンクールで 熟成酒部門で見事に金賞を受賞しはった 大吟醸熟成古酒。これはお二人が結婚しはった歳にできたお酒なので、思い入れもひとしお。これはめでたいので、試飲なしで180mlで売らせていただくことに。

 

さらに その右は、吟吹雪55%磨き、旨味と愛情もりもりの楽しいお酒。火入れして3年熟成させてあります。まろやかな旨味しっかりした酸が癖になります。お燗も美味しい~と言うことで、これも決定。

 

そしてその向こうが、なんちゅう可愛いラベル。吟吹雪と山田錦 日本晴 華越前ミックス。敢えて追い水を遅らせたそうで、なんと9号酵母で、日本酒度-21で酸が2、2!!甘さはさほど感じず、酸っぱいバナナ感を感!ふくよかで なかなかの食中酒。だらだら色々な料理と楽しめそう。ぬる燗も 良さそう。これにしまひょ。

 

普通酒も私はむちゃ 好みでしたが、朝市にはなあということで断念。

 

ということで、熟成純米大吟醸古酒 旨味と愛情もりもり特別純米 酸っぱいバナナのような純米吟醸 なかなか面白い呑んだことのないお酒が選ばれました。

冨鶴さんへ

5月の朝市のお酒えらびに、冨鶴さんへ伺いました。

噂の元気な奥様 晃子さんにお会いできるのが楽しみでした。

お話を伺うと6年前にご結婚。実は学生時代から 日本酒が大好きで、また理系女子で微生物等が大好きやったそうです。でも その頃はIT企業が人気を博していたのでそちらに就職。

そんな折、冨鶴さんとの縁談の話をいただき、中村さんの優しいお人柄 大好きな日本酒を造れること関われることもあって快諾!

 

冨鶴の人気女将さんにならはりました。

f:id:ogawa-sakeshop:20210503085905j:plain

いつも ニコニコ、面白おかしくお話しはるので、楽しい女将さんや。

 

造りにも勿論ばんばん関わってはるし、分析もお手の物。

酒蔵のお仕事は天職のように幸せそう。

 

街ゼミで、酒粕漬けセミナーを開催したところ、えらい沢山の応募があって、ご主人の中村さんびっくり!余りの人数なので3回転しはったそうです。

f:id:ogawa-sakeshop:20210503085458j:plain

また蔵には、あちらこちらに美しく花が活けられていて、今も習ってはるそうです。

晃子さんが来られたことで、花も華も感じられて ええ感じや。

さてお酒えらびです。

ありがたいお酒の注文

日々お酒を売らせていただいていますと、お客様のありがたいコメントがほんまに参考になります。

とあるお客様 お任せで送らせていただくと、必ずコメントをくださります。

渡船シリーズのときには ご主人は権座、奥様は不老泉が一番お好みやったとのこと。

今回北島のみずかがみ直汲みとおりがらみの飲み比べもむちゃ喜んでくれはりました。

もうほぼ無くなってしまう、笑四季の桃と葡萄は最初乾杯酒かなあと思っていたら、1週間2週間たって 美味しい食中酒になってきたそうです。

また浅じおの責めは筍にあったんやて~

 

さて今日は何を送りましょか。不老泉三本 喜楽長一本 後一本はお任せ。

不老泉は丁度藤井君が配達に来てくれはったので、聞いたら3本迷わずちょいす。 

喜楽長一本は今おすすめの若苗にしました。後お任せ一本ということなので、直くんが旨い~~~~~と絶賛してくれた神開の六号ひしゃくにしまひょ。

f:id:ogawa-sakeshop:20210501145755j:plain

もうおひとかた、イギリスにお嫁に行くお酒をご注文くださいました。

個人的にはお米のうまみがあり、かつ、淡麗なお酒が好きです。(大吟醸の必要はありませんです)甘みが強いお酒は得意ではないです・・・とのこと。
なので、一博きもとうすにごり、大治郎きもと、不老泉雄町、不老泉山廃無濾過生の4本!
お気をつけて~~イギリスでお楽しみくださいませ。

皆様楽しんでくださいね。

ええ話や・・・

毎日毎日コロナと向き合っていて 

そんなときに 大事なひとからのメッセージ

実は障がい児のお母さん長~~~~い覚醒 至高体験の文やったんやけど、抜粋。

 

あな うれしや

あな おかしや

あな おもしろ

あな めでた

そのままでええがな

木も車も 人の心も みなひとつにとけあって生きている。

木の葉の一枚も本当に生きている。そして生かされている。

生きていること 日常そのものが瞑想なのだと。

 

そして敬愛する 稲垣ちゃんのFacebookの記事を見て

f:id:ogawa-sakeshop:20210430231935j:plain

 

f:id:ogawa-sakeshop:20210501065352j:plain

ええ言葉をありがとうございました。

今ほんまに大変な世の中で そんな中、妹はこけて血だらけになるし、おっとは糖尿病になるし、あわあわあわあわの毎日。やからこそ この言葉響きました。

 おふたりとも 私の宝物です。