酒屋日記 

小川酒店@滋賀浜大津、京阪電車沿いの酒屋のつぶやき

ラ コリーナ & 直 ぱあと2

続編です。

先日嬉しい嬉しい入籍をした直のふじえくんとしほちゃん。

私は保証人に急にならせて頂き 本籍を野洲市やのに野洲郡にして 貴重な入籍所に訂正印を押すことに~あわあわあわあわあわ すんません。

けど ほんまに嬉しい。

藤江君とも長~~~いお付き合い。

お店とご結婚という二つの夢がかない、お店も益々人気のお店になり 予約の取れない店になっています。

けど その裏には楽しみながらこつこつ勉強してはる真摯な姿が。

今回のラコリーナにいって 妙に直のお店のことを想いました。直のお店にはいつも季節が感じられるしつらえがあり、お花も野菜も器もひともなんか 変化進化していて うきうきする空気があります。なんちゅうても すたっふの人の顔がええ。

なので 一回行ったらもうええのではなく また行きたくなるお店。

ちょうど タイムリーに この二つの感動が重なったので 感慨深いものがあります。

単にだらだらやっているだけでは こうはなりません。自分自身にも言い聞かせて ほんまにそう思います。

あわただしい師走に入り クリスマスのしつらえをしていなかった小川酒店。

刺激されて 今頃ですが クリスマス。

f:id:ogawa-sakeshop:20191210102919j:plain

どんなに忙しくても お店の前には季節感を感じて頂く工夫をして お店のなかも綺麗に掃除して お客さんを快く迎えられるようにすることは あたりまえのことやのに できてない現実。でも これは基本の基本やな。

f:id:ogawa-sakeshop:20191210103007j:plain

刺激的な感動を味わい さあ 今週も頑張りまりまひょ。

f:id:ogawa-sakeshop:20191210103045j:plain

f:id:ogawa-sakeshop:20191210103109j:plain

ツーラビットからは クリスマス限定のメリーラビット!入荷しました!


 

ラ コリーナ と 直

むっちゃ遅いのですが ようやっとラコリーナに行ってきました。

うちにお越しの他府県のお客さんが 必ず訪れてはるので いつか行きたかったんや。それと なんでそんな人気なのかも 行って感じてみたかったのでした。

そしたら 創造以上に魅力的な場所でした。

藤森照信さんの設計は 素晴しい!

f:id:ogawa-sakeshop:20191209153535j:plain

ご一緒した友人は 何回も訪れてはるのやけど 行くたびに変化進化しているとの事。なので 何度でも行きたい場所なのやて。

f:id:ogawa-sakeshop:20191209153602j:plain

大きな敷地のラコーリーナは まだまだ未開のところもあり、じっくりゆっくり 皆で慈しみながら育てていかはるのやな。

f:id:ogawa-sakeshop:20191209153650j:plain

たねや農藝  愛四季苑(はしきえん)の存在も初めて知りました。

山野草の寄せ植えを売ってはった愛四季苑(はしきえん)の方にお話しを伺うと いかに山野草がお好きか そしてこのたねやを愛してはるかがひしひしと伝わってきました。

たねやの社長が 山野草が大好きなのやそうです。すたっふさんも 土と会話して 土壌から改良し 種から丁寧に育ててはるので 何を聞いても目をキラキラ輝かせながら答えてくれはります。

f:id:ogawa-sakeshop:20191209153736j:plain

見事な クリスマスツリー。和洋折衷いろいろな草木や実が。南天もありなんや。

 

クリスマスリースのワークショップもされていて ちびっこも頑張ってました。

 

パッケージやボックス そして 見せ方のセンスが素敵素敵。また 季節感を感じさせるデイスプレイも わくわくします。

 

f:id:ogawa-sakeshop:20191209153843j:plain

今年出来たフードガレージギフトショップなので こんな楽しいデイスプレイが。

f:id:ogawa-sakeshop:20191209154133j:plain

続く・・・・・・・・

今井さん

毎度お馴染み今井さんから 色々なお酒を少しづつ持って来て頂きまして。

今回のイチオシはこの3本でした。

f:id:ogawa-sakeshop:20191209064656j:plain

お~~~~~~~っ!ええ色。20BYの玉川どす。もちろん お燗すると拍手喝采

 

f:id:ogawa-sakeshop:20191209064904j:plain

無濾過、瓶貯蔵、低温熟成、温度管理と徹底した酒造りで有名な王禄!

味わいは、色物っぽいところを全く感じさせない 鉄板!完成度がとても高くてびっくりしました。コク旨味もちゃんとあって キレが良いのです。酒販店にも徹底した温度管理が求められるので全国でも扱ってはるお店は30数軒なのやそうです。全国津々浦々 色々な酒蔵があるなかで 特にスペシャルなお蔵なのやな。

これと 風の森の純米大吟醸 しぼり華も 頂きました。いかき取りで有名なお酒。

洋梨みたいな心地よい香り 穏やかな酸が心地よく・・・美味しいです。

滋賀では中々手に入らへん 貴重&美味しいお酒をいっつも持ってきてくださりまして、ありがとうございます。

 

ハンナさん 八周年記念カップ

SAKE  cafe ハンナさんのお店が 11月14日(お母さんの御命日)で、8周年を迎えました。おめでとうございます!!

はんなさんは 毎年記念のワンカップを造ってお客さんに感謝の気持ちを贈らはります。

今年のはとりわけ素敵素敵です。

f:id:ogawa-sakeshop:20191208070830j:plain

お隣のおがわ食堂の小川君作なのやそうです。こんな才能もお持ちなのや。

f:id:ogawa-sakeshop:20191208070858j:plain

中身は不老泉 赤ラベルの和水もんになります。

f:id:ogawa-sakeshop:20191208071214j:plain

色々なことがあったかと思いますが ハンナさんのお店は益々人気!海外のお客様も多く たま~~~~~にしか寄せてもらわへんのですが ステンドグラスの窓からのぞくといっつも一杯!

 

はんなさんとはお店をしはるずっと前からのお付き合いですが はんなさん いつも穏やかでほんで可愛い人です。細やかな 心配りのできるひと。私ほどではありませんが ちょっこし抜けてはるところも愛嬌よし。けど 芯のある懐の深さもぴかいち。猫とひととお酒と器と音楽をこよなく愛してはるはんなさん

カラダに気をつけて はんなさん 頑張ってくださいね。

 

新酒!

急に寒くなってきて 雪と雨がまざったようなものが ちらりと降って来て いよいよ冬本番なんやな。蔵からも ぞくぞくと新酒がとどいています。

今日は安井さんと大治郎さんから 初初しい新酒が到着。

まっしろな 潔い気持ちになります。

f:id:ogawa-sakeshop:20191206123614j:plain

安井さんとこは いよいよ親子での酒造り。

太郎ちゃんが帰ってきたので かえる=帰るやて。微笑ましい。

 

毎月恒例 税務署に期限付免許の申請にいきまして その帰りにお参りお参り。

こうやって 暮れの朝市を迎えられるありがたさをしみじみ感じながら。

 

ふと見上げますと 白いお月さん。

f:id:ogawa-sakeshop:20191206122959j:plain

画になりますな。

f:id:ogawa-sakeshop:20191206123427j:plain

 

毎日のおかず

また溜まってきましたので 毎日のおかずです。

f:id:ogawa-sakeshop:20191205061413j:plain牛切り落としを ぎゅっとまとめて焼いて 大蒜&バター醤油で。豪華なステーキ肉より 母の歯にはええみたいです。

 

f:id:ogawa-sakeshop:20191205061428j:plain

合挽ミンチの 回鍋肉風。

北島さんが お土産にというてくれはったので 渡船88%の火入れと生を頂きました。酸がしっかりしているので 上の二つの料理にむっちゃ合いました。頂いたへしこにもグーでした。

道ちゃんの勉強会の復習で加水燗もしてみました。どっちもよかったけど 火入のほうが加水燗よかったです。

f:id:ogawa-sakeshop:20191205062428j:plain

ありがたいお隣の漁師さんが釣ってきてくれはった 大きな鯵!

お造りに なめろう・・・さらに 食堂おがたの名物のようなアジフライ!!

f:id:ogawa-sakeshop:20191205063027j:plain

 

f:id:ogawa-sakeshop:20191205063651j:plain

さらに 漁師の奥様るみるみさんの酢〆が上品なお味で たまりませぶんです。

久しぶりの餃子 

米粉を茶こしで振ってから水をじゃ~っといれましたら ええ羽根が出来ました。米粉 大活躍。米粉 ええのに 我が家では大活躍やのに苦戦中。欲しいかた 言うてくださいませ。

f:id:ogawa-sakeshop:20191205063620j:plain

 

 

 

「紅の中で墨と錫」伴哲生 / 恒香 二人展 & 能作

日曜日 青木恒香さんの個展にいってきました。

ますます 芸術性を高めてはる恒香さん すごい!

いつか朝市のラベルを書いてほしいなあ~と思いながら 素敵な恒香わーるどを楽しませていただきました。

f:id:ogawa-sakeshop:20191204105059j:plain

コラボしてはったんが 錫の作家さん 伴哲生さん 。

こちらも むっちゃ惹かれる作品でした。小川酒店にも来てくれてはったとのこと。おおきにです。

f:id:ogawa-sakeshop:20191204105510j:plain

書と錫 新鮮で斬新や。

小川酒店のご常連さんであり 且 キャッシュレスの師匠がやはりまして お若くて賢いのです。不老泉亀も95点やったんやけど コスパを考えると 金亀青が100点満点と 普段呑みにはと懐を考えて このところ金亀青ばっかり。

がしかし それをお気に入りの錫の能作の器で召し上がらはるのやて。

色々考えながら 人生を豊かに 且 賢く生きてはる姿に いつも感服。

本もむっちゃお好きでよう読んではります。えらいっ!

f:id:ogawa-sakeshop:20191204105727j:plain

私も ちろりの錫は愛用しているけど 錫のぐいのみはしばらく使ってなかったのです。が 伴さんの錫にも感化され 再び使い始めました。

とても豊かな気持になれるし お酒もまろやかになったように思えます。

繊細にして 美しい錫、この世界も深そうや。