酒屋日記 

小川酒店@滋賀浜大津、京阪電車沿いの酒屋のつぶやき

うつわの話

地球を食べるお店

いたぎやさんの器はまさに民藝でした。 美しいものを造るのではなく、大きな自然の流れに身を任せることによっておのずと生まれてくる。親鸞は自然法爾といい、みずからではなくおのずからという意味でもあります。 民藝の数々の器に感動した私は ふたたび利…

いたぎやさんへ

一度も伺ったことのない 三ノ宮いたぎやさんに、やっと行くことができました。 絵本が…お好きなのやそうです。あべ弘士さん発見!なんと3回もきてはるのやて。 あたたかな空間。年季の入った机や椅子が黒光りしています。 そしてそして、器好きの私には、た…

Bar 月夜

小川酒店のちょうど裏にある Bar 月夜のままさんからワインの注文をいただきまして 配達に行きましたら カヌレ食べていって~♪と言うてくれはりましたんや。 ウエッジウッドのイチゴのお皿に カヌレと共にイチゴが挟んでいて可愛くて美しい。 そして 199…

三井寺止観茶会

第4回三井寺止観茶会 ちょうど火曜日やったので参加させていただきました。 調身 調息 調心で止観をしたあとお茶会。 山川さんの新小豆を使った茶菓 税所焼の器で 三井寺の土だけで造った 新作・葉皿(清水志郎作)。惹かれますがな。 三井寺山の紅白梅花・…

長浜の町

料理教室のあと 長浜の町をうろうろしました。 長浜なんて、なかなかいく機会はありません。 知らない神社、街並みをまるで歩く瞑想みたいに、静かに歩き続けました。 気持ちええ! しみっちゃんとこの清金醤油…ではありませんでした。ええたたずまいや。 う…

天頂

小川酒店のお客様 米山さんが携わり生まれたすんばらしいグラス天頂、暮れに入手! そしてお正月も楽しませていただきました。 限りなく球体に近い形。これは のんちゃんの写真館の雪が解ける滴みたい! なんて美しい! 今色々研究中。ちなみに一博の新酒だ…

三井寺のお茶

一子さんは 中国茶の先生ですが 自然茶の先生でもあります。 三井寺を歩いていて 山の中にお茶を発見! 三井寺のご住職 福家さんに このお茶を摘ませていただきたいと懇願。最初は 不審者かいなと思われはったのですが 話をしていくうちに 一子さんがお茶の…

三井寺の土で焼かれた清水志郎さんの器 

先日 中国茶自然茶の堀口一子さんと一緒にご来店の陶芸作家さん 清水志郎さん。麦わら帽子をかぶってはって なんともナチュラルで素朴で謙虚なお方。なんと人間国宝清水卯一さんのお孫さんでした! 京都松ヶ崎にお住まいでしたが これからは滋賀湖西の蓬莱で…

お隣から ごっつおう

お隣のるみるみさんご夫婦から またごっつおうをいただきました。 海釣りにいってはった漁師のご主人のお造りです。 ありがとうございます。 鰻巻 出汁巻 豆もやしとひじきの佃煮まで添えて・・・ 私は自家製らっきょ入りのポテサラだけつくりまして、らっき…

迫 能弘さん

迫さんの器がやってきました。 迫さんご夫婦は なんとも味わいのある そして温かな人柄で 昨日書いたカメラマンさんのように 心を込めて そして わくわくしながら取り組んだ仕事には その想いが感じ取れるのやなあと思います。 左上は 穴窯焼きで 貝を置いて…

湖国と文化 器と料理の巻

ここのもう一つの楽しみは器です。 季節感のある また 料理に合う器を 座座の橋本さんやら 花活けの恵美さん 料理人の直くんが いくつか持って来てくれはるのです。 これは酒器。みな ほれぼれします。 左のガラスの器は 秋の撮影なので お月さん!その横は …

るみるみさんのご馳走

お料理が大好きなお隣のるみるみさん(ご主人は漁師) 小川酒店 連休はずっと開けていたので 任せろ!と 嬉しいお言葉をいただき 昼のケータリングサービス! これは一日目、お節料理みたい。 るみさんの出汁巻は一流。あの清元さん直伝なのです。 酢豚風の…

緑青釉の器

大変な日々が続いていますが そんなときに目の覚める美しい器が来ました。 山村秀和さん 久しぶりの御来店。なんてきれいな色なんやろ。 緑青釉といいます。緑釉の壺はスカーレットにも出ていました。 美しい色とフォルム さすが山村さん!と思います。 もう…

信楽の陶芸家 迫さんご来店

朝 迫さんがご家族でご来店。 奥様も息子の慈(しげる)くんも皆 あたたかでええ感じ。 慈と言う字でしげると読むのやて。小川酒店の包装紙の中にもこの言葉が書かれていて ちゃんとそれを発見!賢い子や。お母さん似かな。 西武の個展のときに お願いしていた…

古物とふしぎなガレ―ジ

骨董屋さんをしている妹のだんなさんが やってはる古物とふしぎなガレ―ジの商品 続々とやってきます。 これ なんか芸術的価値ありそう。 好き嫌いはわかれるところやけど これも、好きかも。けど箱の字も読めへんやん これも 好ききらいわかれるところやけど…

嬉しい贈りもの

毎日毎日の暮らし。 心地よいモノ シンプルな美しいモノに囲まれることは 大事やな。 誕生日に まさにそんなウレシイ贈り物をいただきました。 友人から頂いたのは、テイステイング用のグラス! 優しい!妹とおっとと母の分まで4つちゃんと揃えて グラスと…

第1回 信 樂 -土の賦 十二人展

今日大好きな迫さんご夫妻がご来店。 東京新宿の柿伝ギャラリーにて こんなすてきな イベントがあるそうです。以下がその文。 俳人の加藤楸邨氏に「月下信楽」という文章があります。 冴え返る月を浴びた信楽の大壺の姿を綴った文章で、「何にも凭れず、何に…

お宝発見!ほっと鑑定団

明日はお宝発見!ほっと鑑定団というイベントがスカイプラザ大津6Fであります。 浜大津商店街振興組合のイベントです。 ほっとというのんは 温かい人 熱い思い ほっと一息すける場所から 名づけられたそうです。 水野郭巨堂の水野さん親子が お宝を鑑定して…

迫さんの猪の猪口

今日は陶芸家の迫能弘さんがこんな かいらしい猪口をもってきはりました。 迫さんは 今年第3回日本陶磁協会奨励賞 を受賞しはりました。おめでとうございます! なんと 穴窯で焼かれています。 来年の干支 猪!つまり 猪口! 灰釉で 焼かれたこの器 ひとつひ…

おヽ杉さん

朝市すたっふの忘年会は 割烹お々杉さん、 殆ど毎月朝市にご家族でおいでになります。 ほんで 大将と女将さんは 朝市のあと 陶芸に~~ なので それも楽しみでした。 お~~~~~っ 女将さんの知里さん作 お手製のお漬けもんも 美味しいし 器もすてきです …

器 できました!

加藤さんから お酒を買いに行きますので その時私の作った器を持って行きますよ~とのうれしいご連絡。 お~~~~~~~っ 嬉しい! 特に 長皿に大満足です。 これは下田屋さんが長皿を所望してはったので ぜひ見てもらいましょ。 織部と鉄釉がかかっている…

末永く・・・・

毎日毎日 朝ごはんは こだまのパン太郎さんの食パンに いろ~~~~~んなものを 挟んでるんやけど 今日は昨晩海老パンをしたので 切れてまして 久しぶりにクレープを焼きました。 そしたら 上手に焼けて嬉しい。 これは ええフライパンのお蔭や。 30年以…

加藤敬さん 個展

加藤敬さんの個展に 母と伺いました。高島屋へひっさしぶり。 今回は母が選びまして この入れ子3種の伊羅保釉のお皿をお持ち帰り。 綺麗なフォルムです。 加藤さんの個展は ず~~~~っと 欠かさず行ってまして うちにある加藤さんの作品。 白磁もシンプル…

加藤敬さん 個展&ラジオ

色々なところでお世話になっている 加藤 敬さん 陶展のご案内。 加藤 敬 陶展 2018年8月29日(水曜日)~9月4日(火曜日) 午前10時~午後7時 ※最終日は午後4時閉場 京都髙島屋 6階 美術工芸サロン https://www.takashimaya.co.jp/kyoto/ いつからやろ????覚…

鑑識眼

妹のおっとは、古物とふしぎなガレージという骨董屋さん。なので いろいろな器がやってきます。居酒屋さんからの依頼で 徳利が大きな箱にいっぱい!!そしたら 小鹿田焼きや!前に訪れているので懐かし。 これも好き!徳利によっては見た目より 仰山入るのも…

陶芸教室

私は飲食店さんに お造りを盛る長皿を頼まれているので お好みに合うかは判らへんのですが作ってみようとおもいまして。 これが加藤先生の見本です。 釉薬は同じで左右から掛けてはるので 重なっている部分が色が違っていてすてき。 残った土で 箸置きも作り…

加藤敬さん 作陶&お酒の会の持ち寄りのごっつおう

今日は加藤敬さんアトリエ宅で 作陶&お酒の会 昨日から朝から・・・色々楽しみました。 用意できました! あほの一つ覚えになりそうやけど 糠漬け。 義母さんからもろた ちょっと上等の卵で糠漬けしてみました。 あと チャレンジで ズッキーニ 写真撮り忘れ…

備前焼 岡野圭司さんの窯へ

アトリエ北国先生から お声かけいただき 備前焼き 岡野さんの窯へ 大きな登り窯があって 窯は見事やのに 住まいはほんまに小さなトタン屋根のお家で・・・やったんや。 で、久しぶりに伺ったら素敵なお家ができていました。海がすぐそこに見えます。 全て松…

古美術三昧

ご近所さんから お茶を飲みにきてくださいと。なんと 能管の師匠ともつながってはるかたで 師匠も来はるとのこと。ちょっこし お邪魔してきました。 そしたら 奥に茶室がありまして。天井もこんな素敵な・・・ 欄間もかつてあったのを リノベーション♪ 掛け…

座座 器

なんちゅう ええ天気や。風もきもちええ。 さてさて 器好きの私としては器も思い切り楽しませてもらいました。 なんと むーちゃん作の器 そして これが雅恵さん作の器。加藤先生のご指導です。 これは池島さんご持参の 鮒ずしを盛り付けるために 思い切って…